海外研修

海外研修の申込みについて

認定研修、集合研修(短期)、派遣研修(長期)の3種があります。
研修への申込みの詳細は、研究会・研修会の「海外研修」のページをご覧ください。

 

研修報告

海外認定研修(A)
年度 内容・テーマ 報告書
2015年度
「ドイツ語圏の大学図書館の見学と調査:未来に向けた図書館の「場」としての役割」 報告書
2014年度
「学びの場」として図書館役割に着目たドイツの大学図書館見と調査」 報告書
2013年度 「米国図書館のラーニング・コモンズ、インフォメーション・コモンズ等の最新の施設や設備を視察するとともに、現地スタッフとの情報交換を通し先進的な図書館の取り組みを学ぶ。」 報告書
「英国の“古き良き”を活かす図書館の取り組み」 報告書
2012年度 「韓国の私立大学4校の図書館訪問」  報告書
「フィリピン大学図書館の見学報告と、
 インドネシア、シンガポール、韓国の図書館との比較」
報告書
「インドネシア大学図書館の図書館サービスの現状調査」 報告書
2011年度 ドイツの大学図書館見学と利用者サービスの調査 報告書
ブルネイ・ダルサラーム国の大学図書館におけるサービス内容と実態 報告書
「北米(カナダ)における情報環境の変化の体験的調査(14 年前との比較調査)、
 およびオズボーン・コレクションの利用」
報告書
「セネガルの図書館事情調査」 報告書
「中華民国(台湾)の大学図書館の現状を知る」
 グループ学習室や大学院生の閲覧室などの学習環境電子書籍サービスについて
報告書
「みせる図書館 図書館展示について : アイルランドの図書館を見学して」 報告書
2010年度 「図書館事情報告(北京大学・清華大学)」 報告書
「韓国の中規模大学図書館の事情を調査する」 報告書
「ハワイ大学マノア校シンクレア図書館見学」 報告書
「ドイツのハイデルベルグ大学図書館にある写本の見学と図書館実情を調査する」 報告書
「米国大学図書館におけるライティング・センターの役割について」 報告書

 

海外認定研修(B)(図書館総合展運営委員会企画)
年度 内容・テーマ 報告書
2016年度
ALA・米国図書館研修2016(ワシントン・オーランド) 報告書1
報告書2
報告書3

 

海外集合研修
年度 テーマ 報告書
2014年度 「JULAC8大学と香港における大学図書館間協力」 報告書
2013年度 「デジタルアーカイブ運用の実際を学ぶ」 報告書
2012年度 「東アジアにおける電子化推進図書館を見る」 報告書
2011年度 「米国のラーニングコモンズと伝統的な大学の図書館を巡る」 報告書
2010年度 「カナダの大学図書館探訪」 報告書
2009年度 「カナダの大学図書館探訪」 報告書
2008年度 「韓国図書館事情を知る」 報告書
2007年度 「アメリカ図書館の現状を知る」 報告書
2006年度 「アメリカの大学図書館の現状を知る」 報告書
2005年度 「アメリカの大学図書館の現状を知る」 報告書
2004年度 「アメリカの大学図書館の現状を知る」 報告書
2003年度 アメリカ・カリフォルニア州の先駆的活動をしている図書館・機関の見学 報告書

 

海外派遣研修(イリノイ大学モーテンソンセンターアソシエイツ・プログラム)
年度 報告書
2015年度 海外派遣研修報告書
2013年度 海外派遣研修報告書
2012年度 海外派遣研修報告書
2011年度 海外派遣研修報告書
2009年度 海外派遣研修報告書
2007年度 海外派遣研修報告書
2006年度 海外派遣研修報告書
2005年度 海外派遣研修報告書
2004年度 海外派遣研修報告書
2003年度 海外派遣研修報告書(概要)